ミヤオ屋 PC講座 文字入力

携帯電話用ページはこちら
 

文字入力

文字の種類

パソコンで入力する文字には「半角」と「全角」があります。

このページを読んで下さっている方は、日本語での入力をメインに考えていらっしゃるかと存じますが、パソコンはもともとアメリカで開発されたもので、アルファベット(abcde…)の入力を主体に作られています。

そして、アルファベットや数字は、日本語に比べると単純ですので半角で入力します。

アルファベットや数字は全角でも入力できますが、大文字(ABC)と小文字(abc)の違いではないので、間違わないように気を付けて下さい。

アルファベットに対し日本語のひらがなや漢字は複雑ですので、全角という半角の2倍の大きさが必要となります。

カタカナは全角と半角、どちらでも入力することができます。

例.

全角ローマ字:ABCDEFGHIJK
半角ローマ字:ABCDEFGHIJK

全角数字:0123456789
半角数字:0123456789

全角カタカナ:アイウエオ
半角カタカナ:アイウエオ

全角ひらがな:あいうえお
半角ひらがな:-(ありません)


文字の入力方法

日本語の文字入力には、「ローマ字入力」と「かな入力」があります。

例えば、キーボードの下から3段目の左から2番目を見てください。(下図赤丸)

「A」と「ち」という文字が書いてあります。


このキーを押して「あ」と入力されるのがローマ字入力、「ち」と入力されるのがかな入力です。


どちらの入力方法が良いかは使われる方次第で、どちらとも利点、難点があります。

初心者の方へ私がおすすめするのは、ローマ字入力です。

利点 難点
ローマ字入力 ・覚えるのが早い
(ローマ字・26個のキーを覚えればよい)

・日本語のついでに、ローマ字(ABC)も打てるようになる。

・キーを2回押さないと打てない文字が多い。
(「かきくけこ」→「KA・KI・KU・KE・KO」)

・「にゃ」や「でゅ」など、拗音を打つ際に迷う
かな入力 ・入力が1回で済むので、文字入力が速い。

・覚えるのに時間が掛かる。
(ひらがなの数・50個のキーを覚えなくてはならない。)

・ローマ字の位置(26個)も覚えないといけない。
(パソコンを使っていると「Yahoo」や「http://〜」など、ローマ字を打たないといけないことが多いです。)


御相談・お見積・お問合せ
携帯メール(お急ぎの方)
PCメールはこちら
PCメール2はこちら








南九州
セーフティー・リサーチ

「盗聴されてるかも…」の不安を解消!

KIT
〒890-0012
鹿児島市玉里町18-18
TEL:080-5257-8085
メール:info@pc380.net


個人情報保護理念と特商法表示