ミヤオ屋 互換インク

携帯電話用ページはこちら
 

互換インクをご存知ですか?


こちらで購入できます!

互換インクとは?

通常プリンターのインクはメーカーが作っています。

例を挙げれば、キャノンのプリンターはキャノン製のインク、エプソンのプリンターには、エプソン製のインクを使います。

互換インクとは、キャノンのプリンターで使えるように作られたサンワサプライ製のインクといったように、プリンター本体とは別のメーカーが作っているインクです。

互換インクの利点

互換インクの一番の利点は、メーカー純正のインクと比べて安いことです。

メーカー純正のインクが1色800〜900円、全色セットで買うと5,000円以上のところ、互換インクは全色セットで1,000円以下というものも珍しくありません。

(例:キャノンMG6230用 純正インク\6,587 → 互換インク¥742)

下に挙げる互換インクの欠点も考えつつ、互換インクかメーカー純正インク、どちらを選ばれるか決めて下さい。

互換インクの欠点

互換インクには欠点もあります。

まず、プリンタ本体のメーカー保証が効かなくなりますので、プリンターの無償修理は受けられなくなってしまいます。

しかし、プリンターのメーカー保証は1年間というところがほとんどですので、1年以上使ったプリンターの修理は、メーカー純正インクを使っていようと、互換インクを使おうと、修理は有償となります。

また、互換インクを購入すると、不良品が含まれる確率が高い気がします。

不良品は互換インクを作っているメーカーに連絡をすれば交換してくれますが、「急いで印刷したいのにインクが切れて印刷ができない!」ということを防ぐため、予備のインクは余裕を持って補充しておくことをおすすめします。

そして、互換インクはメーカー純正インクと比べ、発色が悪い、長期間印刷をしない場合、乾きやすい、ということも耳にします。

互換インクの種類

互換インクは大きく分けて2種類あります。

@インクを補充するタイプのものと、Aカートリッジ式のものです。

インク補充タイプは、インクが切れたカートリッジにドリルなどで穴を開け、インクを注入するというものです。

私も何度か挑戦しましたが、毎回インクが漏れて手が汚れてしまいます。(そのために手袋が一緒に入っている商品が多いです。)

手先が器用な方へおすすめします。

赤青黄が一緒に入ったタイプのインク(CANON BC-341など)の互換インクは、こちらのインク補充タイプの互換インクしか発売されていないようです。

カートリッジタイプの入れ替え作業は、インクが切れたカートリッジをプリンターからはずして、新しい互換インクのカートリッジをはめるという、純正インクの交換と同じ手順です。

こちらで購入できます!

御相談・お見積・お問合せ
携帯メール(お急ぎの方)
PCメールはこちら
PCメール2はこちら








南九州
セーフティー・リサーチ

「盗聴されてるかも…」の不安を解消!

KIT
〒890-0012
鹿児島市玉里町18-18
TEL:080-5257-8085
メール:info@pc380.net


個人情報保護理念と特商法表示